とことこトーゴ

トーゴに興味があるなら、ぜひ一度お立ち寄りを!

環境適応能力、ゼロ。

季節の変わり目は風邪をひきやすい、しまでんです。


変わり目じゃなくても、結構ひいていますが。私は熱風邪が多い。

実は、半年前くらいからずっと鼻声。

熱があるわけでもなく、体調が悪いとも感じない。

ただ鼻だけ調子悪いのか。

トーゴに来て、しばらく治っていたのに、1ヶ月前くらいからぶり返して、またいつものありさま。

日本戻っても治らなかったら、病院行こうかな。


ちなみに、風邪の時は医者には行かない派。

 

鼻の話は置いといて…


トーゴはアフリカの国。

アフリカといえば、照りつける太陽。人々は乾き、ココナッツジュースを求めて彷徨う。

そんなイメージではないてしょうか。


そのご想像通り、トーゴは暑いです。

湿度が高く、気温も高いので、日本の夏と同じように感じます。

あっつい。


ただ暑いだけならいいんです、私は日本の夏が好きなので。


しかし一筋縄ではいかないのがトーゴ

暑いといっても、それは日中の話。


なんと朝と夜は寒い。

寒いといっても日本の冬のように1ケタの気温になるとかではありません。

せいぜい10度台だと。

それでも、寒さで夜起きることもあります。


今のトーゴは日中30度近いのに、朝と夜が10度台という起伏が激しい山のような気温なんです。


するとどうなるか…

 

まあ、風邪ひきますよね。

これまで夜も暑くて、起きたら汗びっしょりだったのが、寒くて目が覚めるくらいにまで。


そんなわけで、僕たちは体調崩しまくり。


先日も1人マラリアにかかったドイツの女の子がでてきたところ。


マラリアでなくても、頭がのどが痛い、などの症状を訴えているボランティアが多数報告されています。


まさにお祭り状態。もちろん悪い意味で。


そんな時でも、夜はバーで飲んだりワイワイしています。

一歩引いて考えてみると、頭おかしい笑


まあ、マラリアにしても風邪にしても、何日か寝ていれば治るので、あまり問題ではありません。

 

しかし、トーゴの人はさすが。


この天候くらいでは、全然動じません。


パーカーや長袖の服を着て、ケロッとしています。

バイクタクシーの人も、ダウンジャケットを着て、いつものように町を駆けていきます。


私からすると長袖は暑くないか?と感じるのですが、彼らからするとそれくらい必要なのかも。


トーゴの人は我々と違って、体調を崩していないので、少しくらい暑いなと感じても長袖を着るべきなのかも。


またこっちの人は、睡眠時間も9時~6時頃とちゃんと確保していて、体調管理の面でも隙がありません。


見習わなくては。

 

というわけで、トーゴの人のように体調管理、主に睡眠時間においては、日本に帰ってからもきちんと確保しようと思えたお話でした。

 

それではー。